天然水に含まれる栄養成分とは

健康のために天然水を普段から飲む方は増えてきていますが、どのような栄養成分が含まれているのでしょうか。その前に天然水について説明しますと、この水は天然の力で作られたうえに、天然成分が多くに含まれています。その後、自然の力によって不純物を数年かけて、ろ過された自然の水とされています。では、天然水に含まれる成分について説明をしていきます。含まれている主な成分として挙げられますのが、4大ミネラルと呼ばれるものです。この4大ミネラルは人間が生命を維持するためには必須とされ、もし過度に不足してしまいますと、睡眠をとっても疲労感が取れないなど体に影響を与えていきます。逆に、水を飲み過ぎても良くないので注意してください。また、最近注目されていますのが血糖値を下げる効果で、普段から血糖値が高い方や糖尿病の予防にもなります。以上が栄養成分の効果ですが、基本的にはミネラルは身体に取り込んでから排泄までの時間が比較的に早いため、ダイエットや熱中症予防の効果も期待されています。

天然水の栄養成分はどんなものがあるか

ウォーターサーバーやペットボトルで使用されている天然水には、栄養成分が豊富に含まれているものがたくさんあります。こういった水を飲むことは喉を潤すだけでなく、貴重な栄養成分も一緒に摂ることができます。天然水は硬水と軟水があり、採取した土地によっても味が違います。硬水はマグネシウムやカルシウムといったミネラル成分が多く含まれているため、一般的に味が固く感じます。こういったタイプの水は海外から輸入した商品に多くみられ、お通じが良くなったり美容に効果があるとされます。反対に軟水は国内が山地の水が多く、飲みやすくまろやかな味わいが特徴です。栄養成分もカリウムやカルシウム、マグネシウムにナトリウムといった成分が沢山配合されていますから、こういったものを摂りたい人には向いてる水だと思われます。軟水のため味がそれほどきつくなく、日本人の口にも合うものであるためお茶を入れて飲んだりコーヒーに使ったりといった方法で飲むにも向いています。

pickup

2018/4/24 更新